元ギトギト肌が教える顔のテカり対策方法

顔のテカリ原因ははっきりしています。いくつかあります。

絶対にどうしようもない原因と、何とか緩和できる原因に分かれます。ただ緩和具合もあまり期待できません。

一番期待できるのは、同じ皮脂量でもテカって見えづらい肌質にすること。目指すべきはここです。

たまたまネットで見つけた顔のテカり対策!というのをいきなり始めても、ほぼ100%うまくいかない、1ヶ月後にはもう違う方法を探しているはずですよ

もう少し落ち着いてこの先を読んでみてください。

元々かなりのギトギト肌でしたが、いろいろ悩んで試して、やはり体質のせいか脂性ではありますが、今はそれほど困っていないので参考にしてみてください。

基本は保湿不足なのですが、保湿したいけど余計にテカるよね……という問題も考えてあります。

何をすれば一番顔はテカらないのか?

顔のテカリ原因は

  • 自律神経の偏り、乱れによる過剰分泌
  • 乾燥による肌の自己防衛機能で起こる過剰分泌

この2つだとされています。

あなたはどちらか?

と推測する前に、どちらの原因でも共通してやってはいけないことがあります。やらないことでテカリが抑えられる方法について紹介します。これを意識するだけでもかなり違います。

その方法は肌のビニール化を防ぐ、もしくは改善することです。

ビニール肌は顔のテカリが超目立つ

ビニール肌とは、まさしくビニールのようにツルッとして凹凸がない肌のことです。

実は美肌であればあるほど細かい凹凸があります。これがキメが整って細かいと言われる状態です。

このキメが細かい肌状態は皮脂が多くてもテカリにくい肌質です。

なぜかというと、キメが細かいということは、皮溝という溝(線)が細かくビシっと張られているため、皮脂がその溝に溜まることで全体的に皮脂を散らすことができるからです。

逆にビニール肌はのっぺりしていて溝が少ないため、全体的にベターっと皮脂が広がり、光をより反射してテカリを生み出してしまうのです。顔の中でも鼻がテカりやすいのはそのためです。

そして今顔のテカリで悩んでいる人は、その多くがビニール肌に近い状態になっている、もしくはそれに向かってしまうスキンケアをしています。

洗顔を少し短くするだけでテカり具合が大幅に治まるのを知ってる?

顔のテカリが目立たなくなるキメの整った肌は、表皮細胞が十分な時間をかけて成長することで可能となります。

肌は基底層という真皮層との境目で生まれ、2週間ほどかけて形を変えながら肌表面のほうまで上がってきます(ターンオーバー)。最終的に角質細胞という状態になりキメを作ります。

しかし、このターンオーバーサイクルが乱れて遅くなったり速くなることで、表皮細胞が角質細胞になるまでの過程がおかしくなります。すると、角質細胞が痩せていたり数が減ったりして、キメが詰まらなくなりビニール肌になります。つまりテッカテカです。

その原因の大半は、

  • 洗顔のし過ぎによる乾燥
  • 洗顔のし過ぎによる角質細胞の過剰除去

です。

これは思春期であっても、大人であっても同じです。

洗顔の時間オーバーで角質が剥がれすぎる

洗顔は過剰にやると角質細胞を無理に多く剥がしてしまいます

水やぬるま湯洗顔では大丈夫ですが、洗顔料に含まれる界面活性剤が角質の繋がりをもろくしてしまいます。

適切な時間の洗顔なら、古い角質を落としてくれてキメが整います。でも1秒でもオーバーすると逆効果。剥がしてはいけない角質を剥がし始め、キメの盛り上がりが低くなり、テカりが目立つビニール肌へ傾きます。

薄くなりすぎた角質は肌が必死に取り戻そうとするが…・…

角質が過剰に薄くなると、肌のバリア機能(外部からの刺激に対する防御機能)が落ちます。そのため、急いで代わりの角質を海だ生み出そうとします。

2週間以上かけてじっくり育てるところを、急いで角質細胞へと押し上げてしまうため、貧弱な角質細胞が増えてきます。これではキメが細かくならず、剥がれやすい状態や乾いて積み重なった状態になります

どちらにしてものっぺりした肌になり、皮脂が一面に広がりやすくテカりが強くなります。

洗顔でセラミドが減少するためキメが戻らない

洗顔のやり過ぎはあなたが思っている以上にシビアです。

皮膚科の世界では、女性の半分以上は洗顔に時間をかけすぎていると言われています。自分の満足感と肌の満足感は全く一致しないのです。

そして洗顔のやり過ぎは深刻な問題を引き起こします。

セラミド不足です。

肌が乾燥するのはセラミドが失われるからです。このセラミドこそ角質細胞同士の隙間にあるため、まさしくキメが整っていないと維持されないのです。

さらに、一度乾燥するとセラミドの生産量が落ちます。乾燥すると角質の生産スピードも早くなり未熟になります

テカりがキツイと洗顔ですっきりさせたくなりますよね?それが完全に逆効果です。

顔を洗いすぎると皮脂が余計に出るのは本当

テカりで悩んでいると、皮脂は必要なものだから取りすぎてはダメ。洗顔は控えめに!とよく言われますよね。

これ本当です。

理由は先程のターンオーバー不良に加えて、やはり肌の防御機能により皮脂が多く出てしまうのです。

洗顔のし過ぎで角質が薄くなり、セラミドが不足してビニール肌になると説明しました。

この状態はバリア機能が相当落ちます。特にセラミド不足がバリア機能に大きな影響を与えます。セラミドは油脂なのですが、水分を挟み込むため、油分と水分のW層によりあらゆる物質や刺激をカットできるのです。

角質は通常2週間かけて誕生します。肌表面に出て来るにはさらに2週間以上かかります。それでは1ヶ月もの間、肌のバリア機能が弱いまま。コラーゲンなどが破壊されてハリを失うのでピンチです

そこで、バリア機能の一部を担当する皮脂を多く出してカバーするのです。

皮脂膜を分厚くすれば、物理的に刺激に対してのクッション材になります。

皮脂はすぐに多く出せます。一瞬です。だから皮脂がドバドバ出てしまうのです。そしてキメが粗いから皮脂が多く一箇所に留まりやすい。そのためテカりやすいということになってしまうのです。

洗顔は実は難しい!

今テカりで困っていない女性も、ただ皮脂量が人より少し少ないだけ。皮脂量が平均でも洗顔をやりすぎているとテカりに悩まされるのです。

クレンジングは洗顔より強力にテカり原因となる

クレンジングにも注意が必要です。

クレンジングは強い洗浄力があるため、角質層内のセラミドを大きく減らしてしまいます。

ミルクやクリームタイプのクレンジングは洗浄力が控えめで乾燥しにくいですが、落ちにくいメイクの場合はオイルクレンジングのほうがセラミドを守れることがあります

洗浄力が弱いとそれだけ肌をこする必要があり、その際に角質が緩み、剥がれやすくなるからです。またセラミドも減少します。

W洗顔なしで済むようなら、そちらのほうが肌は乾燥しません。特にメイク崩れしにくいファンデーションや化粧下地を使っている場合は、マイルド系よりオイルクレンジングのほうが肌負担が少なくて済みます。

必ずしもミルク・クリームタイプのほうが肌に優しいわけではないことを覚えておいてください。

洗顔を控えめにして1~2ヶ月で結果が出るのが普通。だけど……

顔のテカリがヒドイ人ほど、ほぼ間違いなく洗顔のやり過ぎがあります。なので洗顔を適度な方法に変えて1~2ヶ月すると、次第にテカリ具合が目立たなくなるはずです。

すぐに変わらないの?

と思うでしょうが、肌はしばらく続いた環境を信じ込みます。なので短期間で皮脂分泌量は落ちません。しばらくはバリア機能が落ちているものとしてふるまうからです。

だからまず、洗顔を少し控えめにした場合でも、1~2ヶ月は我慢して様子を見ましょう。ここで焦るとスキンケアジプシーの沼にハマります。

半年経ってもテカりが治まらないのは自律神経由来の皮脂過剰

皮脂が多く出てしまう原因が自律神経由来である場合、そちらが改善されないと根本的な解決にはなりません

例えば思春期。皮脂分泌は男性ホルモンの役割ですが、思春期は女性でも男性ホルモンの働きが活発になり皮脂が多く出ます。これは年齢的なものなのでどうしようもありません。

またストレスにより自律神経が乱れることでも皮脂過剰になります。

ストレスを受けると対ストレスホルモンが分泌されますが、このホルモンが皮脂分泌を促してしまいます。緊張すると油っぽくなるのと同じです。

女性の場合、男性より当然男性ホルモンが少ないです。だから皮脂量は圧倒的に少ないのですが、生理があるためホルモンバランスは男性より遥かに動きやすいです。

お買い物やいい香りを嗅いだだけでもホルモンバランスが大きく動くくらいです。

特に顔のテカりで悩んでいる人は、仕事をしていてメイク崩れに困っている、更年期という人に目立ちます。このような状況では、洗顔を控えめにして得られる結果が簡単に打ち消されます。どうやったって自律神経・ホルモンの動きに逆らえるわけがないからです。

これらのストレスが大きな原因である場合は、とにかくテカリ肌を気にし過ぎない、ある程度は受け止める心の余裕が大事ですね。

気にしし過ぎると洗顔やあぶらとり紙など肌をビニール肌に向かわせるケアになります。これをやると、角質が剥がれすぎてまたビニール化が進み、余計にテカテカになります。

夏など暑い時期に皮脂が多く出るのは当たり前

顔のテカりは夏場など暑い時期にあれこれ判断しても仕方がありません。

気温が高いと皮脂は多く出ます。これは誰でもです。

ワセリンも油ですが、あれは夏など柔らかくて、冬だとネットリ硬いんです。つまり温度で油というのは硬さが変わるということ。

だから夏場は皮脂も柔らかくて肌表面に出やすい。そして血行が良くなりやすいから余計に皮脂腺の活動が活発になります。

この状態でもってして、テカりやすいかどうかは判断できません。ちょっと寒くなってきて乾燥が気になる時期に判断しない限り、テカりケアの結果は分からないのです。

肌水分量を増やして維持させることでテカりにくいキメ肌を作れる

仮にストレス原因等の皮脂過剰であっても、キメ肌かビニール肌かでテカリ具合は大きく変わります

だから、どちらにしてもキメ肌ケアはやって損がありません。

肌水分量はセラミドで維持されるから増やすしかない

キメの細かい肌は、正しい速度のターンオーバーで作られます。

洗顔をしすぎないことは基本ですが、不足している肌水分量を増やすことも大事です。肌水分量が増えて安定すると、ターンオーバーも整うからです。

その肌水分量を維持するものこそ、洗顔で失われやすいセラミドです。

セラミドは肌水分量の80%以上を維持する大事な成分です。セラミドが増えることでキメが整いやすくなり、乾燥知らずになるのでバリア機能不足も解決。皮脂の過剰分泌を防ぐことも期待できます。

セラミドは美容液かクリームで補うべき

セラミドは水に溶けづらいため、美容液かクリームの製品で補うのがベスト

なるべくセラミド中心のブランドを選びます。セラミドがメインでないと本当の結果は得られません。

できれば浸透性を高めたものが望まれます。セラミドは他の保湿成分と違って角質層に浸透しやすいものの、浸透加工されているかどうかで差がつきます。潤いの持続力にかなりの差が出るため、浸透性の高さに関してはこだわったほうがいいでしょう。

テカリが気になるならライスパワーエキスNo.11が最適

顔のテカリがある人は、夜は洗顔料でほどほどに洗顔。その後しっかりセラミド保湿して、朝は水・ぬるま湯洗顔が基本。

しかし、ビニール肌状態だと、セラミド自体の油脂性と過剰分泌される皮脂と相まって、しばらく2週間ほどはテカリが強くなることがあります

ただこれは水分感のテカリなので、皮脂による重いテカりとは違います。でもちょっとビックリするかもしれません。それだけセラミドの保水力が高い証拠なのですが。

もしこれが気になるなら、ちょっと遠回りになるものの代わりになるものがあります。

それがライスパワーエキスNo.11です。

ライスパワーエキスNo.11はセラミドを増やすのを促進する成分です。医薬部外品成分で一定の効能が認められている本物です。

この成分のクリームは非常にあっさりとしており、ベタつきが化粧品全体で最も少ないほどです。

セラミドを徐々に増やすことを促進するのと、個人差で実感に差が出ます。このことを除けば、ビニール肌であってもテカリを誘発しないので非常に優秀です。

ヒアルロン酸系メインは避けたほうがいい

高い保湿力を誇るヒアルロン酸。これは強めの皮膜を肌に作ります。これにより肌の水分蒸発を抑えるのですが、テカり顔が使うと余計にテカって見えることがあります。

またヒアルロン酸より高い皮膜性を誇るリピジュアなどは、皮脂が多いとニキビを作りやすくすることもあります。

セラミド系でもヒアルロン酸等はよく配合されていますが、その他ポリマー系成分とのバランス次第ではテカりやすくなるものもあります。

基本的にメイン成分でない限りは大丈夫ですが、使ってスグにフィルムみたいなテカりが気になった場合は、ヒアルロン酸などのポリマー系成分が原因と疑われます。それはテカり顔には使いづらいと判断していいでしょう。

化粧水だけ保湿はダメ!クリームも使ったほうがテカリを抑えられる

顔のテカりがひどいと保湿化粧品もあっさりしたものを使いたくなりますよね。

そこで化粧水だけだったり、乳液仕上げという人も多いと思います。

これらがセラミドベースならまだいいですが、基本的に化粧水だけ、乳液仕上げという保湿ケアはテカリをひどくします

キメが粗い肌に化粧水は効かない

キメが粗い肌に化粧水は効きません

なぜなら、セラミドが少ないからです。

セラミドが少ないと水分の保水機能がガクンと落ちます。そのため、化粧水の水分が一度浸透しても、すぐに蒸発を始めます。

その蒸発の際に、肌に残っている水分も一緒に巻き上げて蒸発します。顔が濡れていると余計に後で乾燥するのと同じです。

セラミドベースの化粧水ならまだマシですが、それでもセラミド配合量が美容液やクリームより劣るため、化粧水が肌水分量アップに役立つとは言いづらいのです。

化粧水はセラミドが豊富にあってこそ活躍するものです。

ただ、化粧水の大半は角質層にさえ浸透していません。このことを知っている人は、化粧水さえ使わないで綺麗なキメを持っていることも付け加えておきます。

大半の乳液は肌質感を上げるだけ

乳液は使い心地が良くて人気ですが、これ単体で保湿が完了することは期待できません。

これもセラミドが豊富な乳液ならありですが、大半の乳液にセラミドのような高い保水作用は備わっていません。基本的に化粧水に油分が増えただけです。

乳液がダメというわけではなく、化粧水より保湿力があるというイメージが間違いということ。油分が多少多いだけであまり変わらず、基本的に水分であることに違いはないからです。

クリームはセラミドかライスパワーエキスNo.11ならテカらない

クリームは油分が多いためテカり顔には敬遠されがち。

ですが、洗顔をした後に全く油分を与えないのも問題があります。油分が完全に不足している状態になると、やはり皮脂過剰が促進されるからです。

あぶらとり紙で皮脂をこすり取っても、すぐに元の皮脂量に戻りますよね。油分が足りないと感知されると、もし次減ってもいいように多めに出てしまうのです。

しかし、多少オイルを肌に与えておくと、逆に皮脂分泌量が抑えられます。肌は急に変化しないため、適応するまでの2週間ほどはテカりがひどくなった気がすることもあります。でもそれを乗り越えると、オイルフリー状態よりテカらなくなってきます。

またセラミド主体のクリームの場合、セラミドだけで問題が解決するため、油分を多く配合しないことが一般的です。油分を多く含むクリームは油分感で潤いを強調する目的もあります。

実際には油分はかなり少量で十分。クリームの油分感が不快なら、セラミド系か、もっと軽いライスパワーエキスNo.11系のクリームを塗っておくべき。

本当に肌が必要としているのは、油分ではなくてセラミド。ただ、洗顔後はすぐに肌状態を正しい状態に戻すために、皮脂過剰な人でもほんの少量のオイルは補っておくべき

そのオイル分は、あっさりしたクリームに含まれる分で十分です。

テカりづらいセラミド系保湿化粧品

テカリじゃなくて透明感が生まれる

セラミド種類が多く、かつ肌なじみ具合、テカりにくさで抜けた使い心地です。

ジェリータイプ美容液なので、セラミド量が濃厚でベタつきや重さをほとんど感じません。テカリ顔に最適。とにかく透明感が強くなり、フワッとしたさわり心地になります。

ビタミンCより遥かに優れたアスタキサンチンとリコピンも配合しており、バリア機能が落ちた肌を守るのにも適しています。

POINT!
洗顔後に使う先行美容液ですが、非常に水分感が強いので化粧水なしでも問題ありません。あっさり目のクリームを足しておけば完璧。

テカリじゃなくて透明感が生まれる

乳液仕上げで軽くセラミドケアしたいならこれですね。化粧水と乳液の2本のみ。これでO.K.なタイプです。

独自のセラミドとハリ感アップの適応型コラーゲン。キメが荒れた肌のダメージから肌を守るスイートピー花エキスの3点とも独自成分。テカり原因となるキメの荒れから、衰えたハリ感までカバーしてくれます。

セラミド系の中では軽いけどフワッとした感じに仕上がる印象ですね。最近肌がしぼんでるなあ…という人はこちらがいいかも。

POINT!
両方使って1ヶ月3,600円と手頃なのがファンケルの強み。お試しは半額なので、1ヶ月トライアル。さらに洗顔とクレンジングも付いてくるので、試して損はないはずです。

セラミド以上とも言われるリポソーム保湿化粧品

セラミドが特に優れているのは、湿度が0%でも水分を蒸発させない保水力と肌への馴染みやすさです。

その特徴を別成分でも実現するのがリポソーム技術。薬の成分を肌のバリア機能に邪魔されずに患部に届ける実用浸透技術です。

セラミド系より軽く、かつ長く保水できるため、テカリ顔のケアにはかなり向いている使い心地です。

唯一化粧水だけでも可能なレベルの保水力

アメリカの薬学博士が開発した独自浸透技術QuSome(リポソーム系)を採用。肌を痛めずにあらゆる成分を深く届け、ゆっくりと放出することで長い保水性を発揮するのが売り。

この特徴がはっきりと分かるのが化粧水です。化粧水だけでも十分なくらい、肌の水分感がずっと続きますね。メーカーは17時間保水が可能としています。

ビタミンC美容液は非誘導体の生。最もビタミンCの力が発揮され、ターンオーバーを整えるのに最適です。クリームは若干濃厚ですが、QuSomeなのでかなり少量で十分。全てに美容液クラスの成分が入っているため、特に他には必要ありません。

POINT!
ブランド知名度が低いですが、広告宣伝費をかけていないだけ。化粧品を知っている人が見ると、中身に対してかなり安いことが分かります。365日返品保証、定期購入の解約もネットで可能など嫌な思いをすることがないブランドです。

テカらなさNo.1のライスパワーエキスNo.11保湿化粧品

ライスパワーエキス系はクリーム以外でエタノールが使われています。

もしエタノールに弱い人ならクリームだけ使うのがおすすめ。基本的にクリームにエタノールは含まれません。何か他の化粧水+ライスパワーエキスNo.11クリームというのは結構おすすめで効率的です。トライアルがあるので、一応化粧水等も試してみてください。

セレブっぽい感じ

無香料ながら華やかな香りが特徴的です。海外ホテルのスパ・エステでいくつも採用されており、ちょっとした高級感があります。

ライスパワーエキス系の中ではさっぱり感が強いタイプです。ライスフォースの化粧水は若干他よりエタノール多めっぽいので、洗顔後に保湿して肌が気持ち悪い人に向いていると思います。

POINT!
これだけはっきりとした香りがするのですが、無香料なので刺激感がありません。エステ帰りみたいな感じになるのはこれだけですね。割引が強い定期コースはネット上で解約できて電話不要というのも◯。

ライバルより高い潤い感

ライスパワーエキスNo.11系のブランドでは最も潤い感が強かったです。ライスパワーエキスNo.11は後追いの保湿なので、使った直後に不満感を覚える人もいます。米肌はそれをクリアしており、エタノール量も少ないのでより万人向きです。

POINT!
トライアルは14日分とたっぷりで1,500円。もちろん送料無料。香りもなくて植物性美容成分配合などナチュラル指向が強いですね。

薬効成分で皮脂腺活動を抑えるコスメが発売!

ここまでは基本的な顔のテカリ対策。

とにかく肌のキメを細かくすることが大事です。

そうは言っても、ホルモンバランスの影響が強い人は肌水分量が上がっても皮脂分泌量がなかなか下がらないことも多いです。

これは今までどうしようもなかったのですが、2018年に画期的な医薬部外品コスメが販売開始。

それがライスパワーエキスNo.11……ではなくてNo.6です。

これは皮脂腺を収縮させて余計な皮脂分泌を抑える効果が認められています。こんな成分は初めて。

心配なのは効果よりむしろデメリット。

皮脂腺がしぼみすぎてカサカサにならないのか?という点が不安ですよね。

この点に関しても不思議なことに大丈夫。

余計な皮脂分泌を抑えるだけで、ちゃんと必要な分の皮脂は残してくれます。皮脂分泌量を抑えるというより、適正な量にコントロールしてくれていると考えたほうがいいでしょう。

皮脂分泌量をコントロールする唯一のコスメ

画期的とされた保湿成分ライスパワーエキスNo.11に続き、No.6も衝撃的。皮脂腺活動を抑えて余分な皮脂分泌だけ抑える作用があります。

塗った直後から爽やか。継続使用でテカテカ率を抑えることが可能。薬でもない効果なので、試すならこれしかありません。

POINT!
トライアルは7日間1,000円とお手頃。本体価格は5,000円ですが、これを使うなら保湿アイテムは一つ減らしてO.K.